所在調査・行方調査WEB

行方不明者と特異行方不明者

行方不明になった人を警察に届け出ることを「行方不明者届」と言います。
これはかつて「捜索願」と呼ばれていたものと同じです。

実は行方不明者には2種類あり、1つは通常の「行方不明者」、もう一つは「特異行方不明者」です。

行方不明者

通常の「行方不明者」は生活の根拠を離れ行方が知れなくなり行方不明者届けがなされた人、これには家出した人・失踪や夜逃げした人などが含まれます。

特異行方不明者

「特異行方不明者」は行方が知れないことに事件性があると判断された人です。
事件性があるとは、例えば下記のような状況を指します。

  • 殺人、誘拐等で本人の身体や命が危険にさらされているおそれがある状況
  • 遺書等で自殺の可能性がある状況
  • 少年の福祉を害する犯罪にあう危険がある状況
  • 他にも該当する状況はありますが、基本的に本人の命に危険が迫っていることが事件性の有無の判断に大きく影響するようです。
    特異行方不明者と判断された場合は、警察が捜索活動を行います。

    行方不明者探しは探偵に

    一方、通常の行方不明者は警察のデータベースに登録をされるだけで一切の捜索活動は行われません。
    家出した少年少女や、不審者として警察に職務質問をされ、本人の照会が行われた時に行方が知れるというシステムとなっています。

    つまり、家族がいくら心配しようとも、家出していなくなったことが明らかなケースでは捜索活動が行われることはありません。

    どういうことかと言いますと、警察は国民の便利屋ではなく治安維持が主な活動であり、事件性がなければ基本的に動くことはできないということなのです。
    捜索願という名称が変更されたのもこのあたりが広く認知されたためという気がします。

    しかし、家出であろうがプチ家出であろうが、心配だから探し出して欲しいと考えるのが普通の家族の心情というものです。
    警察に事件性がないと判断をされようが、家族にとってはいなくなった時点で事件ですから。

    ではそのような時に探してもらいたい場合、家族や知人を除けば、探偵に依頼するという方法があります。
    おそらくボランティアで探してくれるところはないでしょう。

    もちろん探偵は民間会社なので報酬を払わねばなりませんが、NPO法人などと名乗りボランティアのように思えるところでもきっちり報酬はとられてしまいます。

    いざという時は報酬を払ってでも捜索を依頼したい、という方は探偵に一度相談してみて下さい。