所在調査・行方調査WEB

家出人調査の第一歩は周辺への聞き込み

家出というと未成年の少年少女というイメージがありますが、実際には成人の家では年間1万件以上に上るといわれています。

その中には家族にメッセージを残しての家でもあれば、誰にも行先を知らせず忽然と失踪してしまうケースもあります。

成人が家出をした場合、残された家族は家出人を探すためにあらゆる手を尽くします。多くの人が最初に行うのは警察への届け出です。

警察への届け出は一見、効果がありそうですが、実際には警察に寄せられる行方不明者の捜索願は膨大な件数に上るため、届け出が受理されたとしても積極的な調査がされることはまずありません。

身元不明者を保護した時等は届け出を紹介してもらえるでしょうが、あまり過剰な期待はしないほうがよいでしょう。

家出人の行方を積極的に探すとなると、プロの探偵に頼むのが一般的です。プロの探偵は警察とは違い、依頼人の頼みに応じて家出人調査を専従で調査してくれます。

警察は余程のことがない限り家出人の捜索は行ってくれません。
費用はそれなりにかかってしまいますが、強力な味方となって家出調査を行ってくれるので、どうしても家出人の行方を知りたいという方には一番効果の高い方法とも言えます。

当然、家出人調査に強い探偵を選択することが必須となってきますがいくつかの探偵事務所をあたってみましょう。
相談は無料ですので、どのような調査を実施してくれるのか聞いてみてください。

家出人調査では聞き込みが第一歩と聞きました。
家出人を探し出すには、まずは家出した動機を突き止めることが近道なのです。
何の動機もない場合は精神疾患による失踪が考えられます。

プロの探偵に依頼しない場合は

プロの探偵に依頼できるだけの財政的な余裕がない場合は、自分たちの手で行方を調査しなくてはいけません。
素人の調査では限界があるものの、ポイントさえ押さえておけば家出人調査を行うことは十分に可能です。

家出人調査の最初のポイントは、家出人の行動のヒントになるであろう証拠をおさえることです。
家出が計画的な行動であった場合、必ず事前に準備をしてから家出を実行しているはずです。

家出人が追跡を軽快していれば痕跡を消されている可能性は高いのですが、本人は全ての証拠を隠滅したつもりでも探せばヒントになるであろう証拠は見つかるものです。

もっとも有力な証拠は、友人・知人の証言です。家出人は家出の準備をこっそりとしているものですが、親しい友人には追記が緩んでポロリと家出につながることをしゃべってしまうことがあります。

直接的に家出という表現はしていなくても、家出先候補の地名や行き先につながるヒントを話している可能性は十分に考えられます。

家出をするといってもまったく土地勘のない土地で暮らすのは誰でも不安なものです。
友人知人から出身地や過去に住んだ経験のある場所の情報を聞き出したり、街の雰囲気について尋ねている可能性がありますから、家出直前に交わした会話について聞き込みをしましょう。

家出人本人が友人・知人に口止めをしている可能性はありますが、口止めをされていれば必ず態度に現れるものです。
話を聞いているときの態度をよく観察して、何か不審な点があれば家出人とのつながりを疑いましょう。

このような不自然な挙動も含めて「考えられる可能性」をすべて捜索することが最低限の初期動作となるのです。
それでも最終的にはプロの探偵に調査依頼することをお勧めします。

事前に集められる情報は出来るだけ集めておいた方がいざ探偵に依頼する時にスムーズにことが運ぶでしょう。
それでもプロの探偵に頼まないという人もいるかもしれませんが時間と労力を再考して下さい。
プロの探偵に依頼しない場合は、時間と労力を考えればおのずと進むべき道が決められるはずです。

お金を出し惜しんで、果てしない労力と時間を費やすことを選ぶのか、そうでないのか。
決めるのはあくまで自由ですが、優先事項は何なのか、取捨選択をする必要があるのです。