所在調査・行方調査WEB

成人の家出調査のやり方

探偵が行う調査の中でも、家出人調査は難易度の高い仕事の一つです。

特に成人が自ら疾走する意思を持って家出した場合、足取りの痕跡が消されている可能性が非常に高く、調査は困難を極めます。

それでもプロの探偵であれば、様々な方法を用いて家出調査を行い、家出人の居場所を調べる事は可能です。

今回は、成人の家出調査のやり方について解説します。

成人の家出調査を行う場合、最初にやらなければいけないのが家出した理由の確認です。

どのような理由で家出をしたのかによって、調査のアプローチは全く異なります。

まずは依頼人からよく話を聞いて、どのような理由によって家出をしたのかを確認します。

多くの場合は何らかの心当たりがあるものですが、中には残された人たちにも全く家出の理由が思い当たらないということもあります。

そんな時は家出人が残していった私物を調べて家出の理由を調査します。

日記やメールなど直接的に家出の動機がわかるものが残されていればいいのですが、そうでない場合は周辺の事情を調査して推測することになります。

家族や関係者への聞き込みやパソコンの履歴調査、最近購入した品物などの情報を総合して家出理由を調査します。

家出の理由が重要

なぜ家出の理由が重要なのかというと、家出の理由によって失踪の方向性が異なるからです。

金銭トラブルが理由で疾走した場合は身元を隠すことに必死になって逃亡していることが推測されますし、家族や友人関係が理由での家出であれば遠く離れた場所で新しい生活を始めている可能性が高まります。

家出の理由をはっきりさせることで調査の方向性を決めることができるのです。

多くの場合、家出人が誰かに家出のことを相談している可能性はかなり高いです。

成人の家出の場合、衝動的な家出ではなくある程度計画的に家出をしています。

家出後の住居や生活、しごとのことまで計画するとなると、一人ですべての準備を進めるのはかなり困難です。

親しい友人や知人、お世話になっている人をあたれば何らかの手がかりがつかめる可能性は非常に高まります。

もし家出人がまったく誰にも相談せずに一人で家出をした場合、携帯電話が唯一の絆になってしまいます。

携帯電話を解約して新しい回線に変更している可能性もありますが、まだ以前の番号が生きているのであれば連絡を続けてみるのも大切です。

もしかしたら電話に出てくれる可能性もありますし、うまくいけば何らかのヒントをつかめる可能性もあります。

決して怒鳴ったり怒ったりせずに、相手の態度を軟化させることを第一に考えて話をすることが重要です。